料理経験ゼロの私が子どもの成長と共にお菓子と料理を学ぶ~どん底からの回想記

料理、家事経験ゼロの私が、食事会、パーティー料理を作る奮闘記。料理のレシピとコツも書いていきます!

自力で作る子どものお食い初め料理

【目次】

 

お食い初めとは?

正式には「御百日祝い」とよばれます。

産まれてから100日~120日の間にお祝いします。

生後100日頃から乳歯が生え始めます。

初めてミルク(母乳)以外の食べ物を食べるまねをする儀式です。

「一生食べる事に困らないように」と願いを込めて。

 

赤ちゃんがいるのに、お店でお食い初めをするのは疲れますよね・・・。

母乳も飲ませたいし、お店だとあげられないし、個室だったとしても、父や義父の前で母乳をあげるのは嫌ですね。

赤ちゃんが泣いたら・・・3ヶ月ぐらいの赤ちゃんだと結構泣きますね(>-<)

泣いても自由に母乳をあげられない→さらに泣く。

悪循環・・・涙~

自宅だったら何度でも母乳をあげられるし、赤ちゃんが泣いても気を使いません。

料理を作るのは大変ではありますが、自分の赤ちゃんの為にお食い初めの料理を作ったら、いい思い出になるし、お食い初め料理の由来を知れて、さらに子どもの健康を祈りたくなりました。

お店で注文したら、何千円もするし、経済的でもあります。

両親や主人の両親を呼べば、お祝いのお返しにもなりますね。

 

長男の時は、割烹料理屋さんから配達してもらいました(^^;

f:id:home-run:20170804215819j:image

その時は料理も全然だし、何も知らなかったもんで。

主人の両親が用意してくれて、甘えちゃいました。

高かったと思います。感謝です。

この料理なら、今の自分なら自力で作れそう・・・

次男お食い初めは、自力で作りました!

お食い初めのあの食器って?

男の子は外側も内側も赤の漆器

女の子は外側が黒色で、内側は赤色の漆器を使います。

 主人の実家にあった食器を使いました。

 f:id:home-run:20170804215708j:image

お食い初めのお箸は、お宮参りの時に神社から頂きました。

 

お食い初めの料理(食材)には由来があります。

尾頭付き焼き鯛➡目出度い(めでたい)、鯛の目が赤いのもめでたい色です。

赤飯➡やはり赤はめでたい色。赤は魔除けや厄払いの力があると言われています。

病気や災難に合わないように、健やかな成長を願います。

ハマグリのお吸い物➡お吸い物は吸う力がつくように。ハマグリは良縁を意味します。特にハマグリは2枚の貝殻がピッタリと合うようになっており、「二枚貝にようにピッタリ合う伴侶とめぐりあうように」願います。

高野豆腐➡飢えや病を払う縁起物。

梅花にんじん➡赤はおめでたい色。梅は花が開くと必ず実をむすぶ縁起物。

えび➡腰が曲がるまで長生きしてねと願います。赤はめでたい色。

れんこん➡先行きが明るい事を祈ります。

紅白なます➡紅白の水引を表しています。

たこ➡「多幸」。歯が吸盤のように綺麗に並び、しっかり固まる事を祈ります。

梅干し➡梅干しのように、シワシワになるまで長生きしてほしいと願います。梅は寒い時期を耐え、6月に実がなる事から、辛抱強く育つという意味もあります。

昆布➡よろこぶ。昆布巻きなら、巻物に見立てて、教養が身に付くように。

(歯固め石)➡神社で小石を借りてきます。小皿に乗せて、お膳に乗せます。強くて丈夫な歯になるように願います。終わったら神社に返しましょう(^^

 

基本は1汁3菜です。

焼き鯛と赤飯はお義母さんの手作りです。

お正月に毎年、鯛の塩釜焼きを作ってるので、お願いしました。

食べさせるのは、その中一番長寿の人です。

お食い初め料理を手作りし、由来を知ると感慨深いものがあります。

料理の由来を知り、お食い初めの時にそのような話をする事で、子どもの健康と健やかな成長を改めて願う事ができ、自分もこのように大事に育てられたんだと感じる事ができました。

また、長男に対しても、由来を話したり、自分の時もこのようにしてもらったんだと、感謝する機会にもなりました。

自力で作らなくても、みんなで由来を話したりするのも楽しいですね。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村