料理経験ゼロの私が子どもの成長と共にお菓子と料理を学ぶ~どん底からの回想記

料理、家事経験ゼロの私が、食事会、パーティー料理を作る奮闘記。料理のレシピとコツも書いていきます!

お菓子経験ゼロの私がスポンジケーキ生地(ジェノワーズ)で子どものバースデーケーキに初チャレンジ!

【目次】

 

子どもの1歳の誕生日ケーキを作る計画を立てる

お義母さんはプロではありませんが、ボランティアで福祉センターや、子どものひろば等でお菓子教室を開催する時は「先生」になります。

なので、普段からレシピや子どもが喜ぶデザインのケーキを研究(って程ではありませんが。)しています。

もちろん、ドライフルーツや洋酒を使った本格的なお菓子も得意ですけど。

これはもう、お義母さんに教えてもらう他ありません!

自力でやると絶対失敗するから笑

ここは甘えちゃう!

そして、お義母さんは行動がめちゃめちゃ早い人。

スポンジケーキ教えてください。」って言った矢先にレシピを出してきて、すぐやる!

「どんどん計っていって~。」と。

そういう、行動が早い人。尊敬します。

 

卵共立てと卵別立て、どちらが好きですか?

 卵共立てとは?

 卵黄と卵白を分けないで、全卵で共に泡だて器で立てていく方法。

逆に卵黄と卵白を分けて立てる方法は、別立てと呼んでいます。

本当の本当の初心者は、共立てが楽なんじゃないかなと思います。

卵白を立てるのって、難しくないですか?

ケーキ作りに慣れた今でも、卵白はその日によって、上手くいく時とダメな時があります。

卵白の状態、その後の混ぜ方によって、出来上がりの高さが違います。

でも、お店じゃないから、出来上がりの高さは私は気にしません(^^)

高さが出なかったケーキは、生地が密になるので、しっかりしたしっとり食感。

高さが出たケーキは、空気がしっかり入っているので、ふわふわ食感。

人によって好みが違いますよね(^^)

私はしっとり派なので、失敗してOKなんです。

スポンジケーキは2~3枚にスライスして、間にフルーツやクリームをはさむので、見た目は気にしなくて大丈夫なケーキですね!

 

でも、本当の本当に初心者だった私にとっては、共立てが好きでした。

まず、卵白と卵黄に分ける作業がめんどう(^^;

それと、最後に卵白を加えていく工程で、白いかたまりが残るのが気になって、混ぜ過ぎてしまう。

泡が消えていくから焦る。

共立ての場合は、全卵をしっかり立てる事が出来れば、後はこっちのものです。

 

失敗しない卵の共立て、別立てのコツ

共立ての場合、立てる時の温度が重要なポイントです。

ボールに卵を割り、ミキサーでほぐし、砂糖を全部入れ、砂糖のざらざら感がなくなるまで混ぜる。

ここから湯せんにかけて温めます。

卵の温度を32度~35度にします。

湯せんは熱湯は卵が固まってしまうのでダメですよ~。

お風呂よりちょっと熱いぐらいが私の目安です。

清潔な指で、卵がお風呂の温度よりぬるいぐらい、を計ります。

温度計があれば温度計でもOK!

卵の温度が32度~35度ぐらいになれば、湯せんしたまま、泡だて器でたてていきます。

気温が高い日なら、途中湯せんを外しても大丈夫です!

すくっても落ちないぐらい、気長に立てていきます。

湯せんをしなかったら、ここまで立てられません。

 

別立ての場合、最初がポイントです。

卵白は余分な物が混ざると立ちません。

水滴1粒でも注意しましょう。

卵白と卵黄の分け方

卵を割って、殻で分けるやり方がありますが・・・

私は、器に卵を割り入れ、スプーンで卵黄だけすくって取り出す

f:id:home-run:20170731104457j:image

それから、それぞれのボールに移す。1個ずつやります。

卵を割った時に卵黄が割れたら、その卵は使いません。

卵白にとって余分な物です。

失敗した卵は卵焼きにします。

卵白の量が少なくならないように、スプーンで綺麗に卵黄だけすくいます。

 

私が使っているボール。

 f:id:home-run:20170731104510j:image

浅い方は、卵白を立てる方。

深い方は、卵黄。

卵黄の深いボールの方に、後々薄力粉・バター・メレンゲが入っていきます。

 

お義母さん直伝のスポンジケーキのレシピはこちら ↓

home-run.hatenadiary.com

お義母さんの教えを守り、家で練習をしました。

そして、ついに、人生初!手作りバースデーケーキ完成!

f:id:home-run:20170731105536j:image

缶詰のパイナップルを型抜きで星に。

けど、スポンジケーキの生地だけならもう食べても大丈夫な長男に、手作りで作ってあげられた事が嬉しい!

私もお菓子経験0歳から1歳になれたかも!

成長した!

 

 

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村